2016-04-06 11.59.57

バカにも色んなのがいるが立川シネマ・ツーは映画館の形をしたバカだ

去年から爆音で名を馳せてきた映画館、立川シネマ・ツーが、更にとんでもないことになったらしい。
なんでも6000万円かけて更にすごいスピーカーを入れたとかで、しかもそのお披露目がマッドマックスとガルパン、とあってはガルパンおじさんの当方としては体験しに行かざるを得まいと言うことで観て来たんですが、なんかもう、すごいですね。
音と言うよりは、音ならざるもの、空気の震えみたいなものが伝わってきます。
バウスではじめて爆音観たときのときめきが蘇ってしまいました。

こちら、スクリーンの両側についてるスピーカーの左側。
縦にいっぱいならべた形をしてて、ラインアレイって言うらしいです。
大きさの比較用にクーキーを一緒に写してみました。
クーキーの身長が40センチくらいなので、20メートルくらいはある気がします。※
これがスクリーンの横にこうやって見えてるとこがそそりますねえ。
大きさだけで言うとバウスのスピーカーのほうが大きかったような気はしますが、もうなくなっちゃったし比較できないのが残念です。
でもまあ、スピーカーって大きさだけで決まるもんでもないですしね。

2016-04-06 09.37.49

センタースピーカーもこれまたでっかい。
これだけ大きいと壁とかビリビリ言いそうなもんですが、そのへんも補強しているんですかねえ。
(それらしいノイズがまったく聞こえなかったわけじゃないけど、特定できず)

2016-04-06 09.38.11

ほんで観たのは、ガールズ&パンツァ―。かれこれ劇場での鑑賞7回目です。
うち4回か5回はシネマ・ツーで、1回は4DXと、けっこう何度も繰り返し観てるんですけど、何度観ても良いものは良いですね。
戦車の主砲の音、爆発の音、輸送機の爆音、これらが耳からではなく、体から伝わってきます。
以前観たのももシネマ・ツーの爆音上映で、その時は正直、後半だいぶ慣れてしまって普通に観てたんですけど、今回は最後まで音の圧力に圧倒されました。

2016-04-06 11.58.52

そんなシネマ・ツーさんにお願いしたい。
遠藤ミチロウの『お母さん、いい加減あなたの顔は忘れてしまいました』か、PIXIESの『loud QUIET loud A FILM ABOUT THE PIXIES』が観たいです。
あるいは『パガニーニ 愛と狂気のヴァイオリニスト』でも良いです。客は入らなそうですけど。
とにかく、音楽関連の映画が観たいです。

※あえて書く必要ないと思いますけど、数字はテキトウすぎるくらいテキトウで、むしろ大嘘です。